気をつけながら風俗で働こう

トラブルを避ける方法がある

本番行為はしないこと

お客さんから本番行為をしたいと言われても、断ってください。
その時に言葉を間違えると、お客さんを怒らせます。
無理やり本番行為をさせられることもあるので、相手を怒らせないように断らなければいけません。
本番行為を強要された時は、別の禁止されていないプレイを誘うのが良い方法です。

それで相手が気持ち良くなってくれれば、トラブルは起きないでしょう。
自分が嫌だと感じるプレイを言われた時も、この方法で切り抜けることができます。
禁止されていると知らなかったと言っても、言い訳になりません。
本番行為をしたら処罰されるので、ルールを確認することは非常に大事です。
万が一強要されても切り抜けられるよう、うまい断り方を知っておきましょう。

お店に迷惑を掛けてしまう

中には、特別料金を支払うから本番行為をしてくれと言われることがあります。
たくさんのお金を稼ぐために風俗店で働いている人は、お金をくれるなら本番行為に応じてしまう人が見られます。
しかしお店で1人が本番行為に応じると、他のスタッフもしてくれると思い、本番行為を強要する人が増えます。
自分がルールを破ることで、他のスタッフに迷惑を掛けてしまうと忘れないでください。

口が軽いお客さんの場合は、あの人は本番行為をしてくれたとお店にクレームをつけることがあります。
その時に自分がルールを破ったことがお店に知られるので、処罰されてしまうでしょう。
お店に隠していれば大丈夫だと考えている人がいますが、いつか必ず知られます。

TOPへ戻る