風俗バイトでのトラブルを避けるための安全対策

気をつけながら風俗で働こう

ダメなことはきちんと断ろう

本番が禁止されている風俗店が多いです。
お店のルールでそのように決まっている場合は、従業員も守りながら働かなければいけません。
しかしお客さんの中には、本番を強要してくる人がいます。
そこで断り切れずに本番をしてしまうと、自分がお店側から厳しく処分されるので注意してください。
禁止されていることを強要されたら、断る勇気を持ってください。
また本番行為以外に、嫌なプレイをしろと言われることがあります。
その時も同じく、勇気を出して断りましょう。

またお客さんの中には、本気で従業員を好きになってしまう人が見られます。
すると悪質なストーカーに変化することが多いので、自分の身を守れるように備えてください。
最初はお店で会うだけだったかもしれませんが、次第に後をつけられたり、自宅に突入されることがあります。
住所を知られないよう、個人情報を言わないことを意識してください。
SNSで動向をチェックしているストーカーもいるので、情報の発信に気を付けましょう。

個室に自分の荷物を置いてある場合、お客さんに財布を盗まれることがあります。
そのようなトラブルに合わないように、貴重品の管理を厳重にしてください。
基本的に、貴重品は肌身離さず持つことが基本です。
必要以上にお金を持ち歩かないことも心がけましょう。
それでもお客さんにお金を盗まれてしまった場合は、立派な窃盗罪に該当するので警察に相談しましょう。
恥ずかしがらず、すぐ伝えてください。

TOPへ戻る